FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】スペイン代表vsイタリア代表(ロシアW杯予選)
ロシアW杯予選
(会場 : サンティアゴ・ベルナベウ[スペイン : マドリード])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
スペイン代表3 - 0イタリア代表
【GOAL】
1 - 0 (13分)

スペイン代表 : イスコ
2 - 0 (40分)

スペイン代表 : イスコ
3 - 0 (77分)

スペイン代表 : モラタ







・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(1)
DF:カルバハル(2)、ピケ(3)、S・ラモス(15)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、コケ(8)
FW:アセンシオ(20)、シルバ(21)、イスコ(22)

(イタリア代表)
GK:ブッフォン(1)
DF:ダルミアン(4)、スピナツォーラ(7)、バルザーリ(15)、ボヌッチ(19)
MF:カンドレーヴァ(6)、ヴェッラッティ(8)、インシーニェ(10)、デ・ロッシ(16)
FW:ベロッティ(9)、インモービレ(11)


・両チーム初期フォーメーション

20170903formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
72分:イニエスタ(8)⇒モラタ(9)
78分:アセンシオ(20)⇒サウール(12)
90分:イスコ(22)⇒ビジャ(7)

(イタリア代表)
70分:カンドレーヴァ(6)⇒ベルナルデスキ(20)
70分:ベロッティ(9)⇒エデル(17)
78分:インモービレ(11)⇒ガッビアディーニ(23)











・試合レポート:「イスコが大活躍!!イタリア撃破でW杯出場に一歩前進」

 勝ち点で並ぶイタリア代表とのホームでの天王山を迎えたスペイン代表。フレン・ロペテギ監督は、ダビド・シルバ、マルコ・アセンシオ、イスコ・アラルコンの3人を前線に置き、純粋なセンターフォワードの選手を起用しない“ゼロトップ”システムを採用して試合に臨んだ。

 超満員のベルナベウの声援を受けるスペインは、早い段階で均衡を破ることに成功する。13分、アンドレス・イニエスタの縦パスをきっかけにペナルティエリア左手前でのFKを獲得すると、イスコが右足で蹴ったボールがゴールに吸い込まれて、1‐0。

 22分には、イタリアに決定的なシーンが到来。右後方からのクロスにアンドレア・ベロッティが頭で合わせると、このボールがスペインゴールを襲ったが、守護神ダビド・デ・ヘアが両手で防ぎ、ピンチを凌ぐ。

 そのまま1‐0で試合を進めていた“ラ・ロハ”は、40分に待望の追加点を奪い取る。イニエスタからの横パスをペナルティアーク手前で受けたイスコが、ドリブルで相手をかわして左足を一閃すると、これがゴール右に決まり、点差を2点に広げる。


【モラタがダメ押し、ビジャも登場】

 そのまま2‐0で後半を迎えたスペインは、開始早々の48分にロレンツォ・インシーニェにペナルティアークから枠内シュートを打たれるが、これはデ・ヘアが再びセーブ。そこからの二次攻撃もどうにか抑え、2点のリードを維持する。

 その後は再び均衡状態が続くが、77分に再び試合が動く。5分前に投入されていたアルバロ・モラタが、セルヒオ・ラモスと2人で速攻を仕掛けると、S・ラモスの右からのラストパスをゴールに蹴り込んで、ダメ押しのチーム3点目を記録してみせた。

 ブラジルW杯本大会以来3年ぶりの代表招集となったダビド・ビジャが、最終盤の90分にピッチに入ったスペインは、そのまま3点のリードを維持したまま試合を終了。予選最大のライバルのイタリアと3ポイントの勝ち点差を付けることに成功し、ロシアW杯本大会出場に向けて一歩前進となった。











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ