スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロペテギ監督「選手たちに力がなければ、あのように華麗に予選を突破することはできなかっただろう」(イスラエル戦試合後会見コメントまとめ)

【一部選手の能力への疑問視について】

「その意見には同意しない。もし彼らに力がなければ、あのように華麗に予選を突破することはできなかっただろう」


【試合内容について】

「さまざまな要素から難しい戦いとなることはわかっていた。相手は運動量豊富なチームであるし、良いプレーを見せていた。前半の我々は彼らの守備の攻略法がわかっていなかったと言えるよ。後半の我々は解決策を探し、それを発見できた。先制ゴールが早く生まれない時は、時々全てが難しい状況に陥ることがあるが、我々は最終的に勝ち点3を獲得することができたんだ。輝かしい予選を過ごした選手たちを祝福すべきだと言えるよ」

「相手は技術力のあるチームだ。ボールを持てば繋げる方法を知っているし、我々のグループにおける最高のチームの1つだったと言えるよ」







【スペインの政治情勢について】

「我々はスポーツマンであり、政治というものは我々の決定能力から遠いところにある。それ以上コメントすることは何もないよ」


【W杯での最も難しい相手について】

「W杯では全てのチームが力を持っている。1つに絞ることはできないだろう。グループリーグは難しいものになるはずだよ」


【S・ラモスのスタメン起用について】

「あれは私の判断だ。スタメンを組む時は、さまざまなことを考える。我々のもとには色々な選手がいて、その中でもセルヒオは状態が良く、プレーすべきと考えたんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ