スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【プリメーラ】ジダン「最も素晴らしい瞬間はリーガを勝ち取った時だ」(ヘタフェ戦前日会見コメントまとめ)

【FIFAウィーク明けという状況について】

「選手は多かれ少なかれ健康な状態で戻って来ている。それこそが重要なことなんだ。再びリーガを戦えることを嬉しく思っているよ。選手たちはハードな試合をこなしてきているが、リーガの舞台で再び戦う意欲十分なんだ」


【ガレス・ベイルについて】

「彼は徐々に良くなってきている。プレーはできないがね。彼には2つの問題が発生したんだ。1つはドルトムントでのもので、ただの過負荷と思われていた。そして、最終的にふくらはぎに何らかの問題が発生したんだ。君には彼の怪我についての詳細を言うことはできないが、彼は良くなってきているし、毎日彼の状態を注視している。とにかく、1週間や10日で戻って来れるかどうかを明言することはできない。良いことは、彼ができるだけ早く戻って来たいと思っていることだ」


【バルセロナ指揮の可能性について】

「私は“白”の心を持っている。選手の時もそうだった。レアル・マドリードを出た後も、他のクラブでプレーしたいかを聞かれたが、私はNOと言ってきた」


【指揮100試合到達について】

「最も厳しい瞬間は負けた時、素晴らしい瞬間はリーガを勝ち取った時だ。全てが素晴らしい瞬間だと言えるが、選ぶならそうなるね。日々の成果であり、達成するのがとても難しいことなんだ」

「私は野心を持ってこのチームにやって来たが、野心は今も変わらない。それこそが我々を動かしているものなんだ」


【GKについて】

「ケイラーが少ない離脱期間で復帰できることを願っている。彼の場合は内転筋の過負荷なんだ。ルカも肩を負傷しているし、キコとモアとベルマンがメンバー入りすることになるだろう」







【負傷者の復帰について】

「次のFIFAウィーク前に短い期間で7試合を抱えている。我々には全員が必要なんだ」


【アトレティコvsバルセロナについて】

「私はまずヘタフェに勝利したい。その試合について何かを望むことはしないし、我々としては上位との差を縮めたいんだ」


【選手補強についての議論について】

「我々は現在の選手のことだけを考えている。我々が目を向ける必要があるのは、過去でも未来でもなく現在なんだ」


【カルバハルの状態について】

「起きたことを我慢する必要がある。彼は落ち着いているよ。100%の状態に戻ることを我々は求めており、まだ1週間から2週間はかかるだろう。ただ、最も重要なのは彼の健康だと言えるよ」


【カタルーニャの件について】

「その件について思っていることを話すつもりはない。我々はサッカーの話をするためにここにいるわけで、その件について話すのに適切な場所だとは言えないんだ」


【カリム・ベンゼマについて】

「彼は重要な選手であり、明日は再び良いコンビネーションが見られることを期待している」





300x250 ファン感謝ウィーク





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ