スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL】ベリッソ「我々のプランは攻めることだ」(スパルタク・モスクワ戦前日会見コメントまとめ)

【S・モスクワとの対戦に向けて】

「勝ち点の獲得は様々な可能性をオープンにしてくれるだろう。我々のプランは攻めることであり、DFを前のポジションで使うことはしない。S・モスクワはマリボルには勝てなかったが、リヴァプールに負けていないチームであり、我々同様に攻略が難しいチームだと言えるよ」

「ある部分ではリヴァプールでの試合と同じことができると信じているし、ある部分ではそうなると信じていない。我々は全ての相手チームをリスペクトしているんだ。そして、このコンペティションは、ミスをゼロにしなければならないコンペティションだと言える。チームの間の差は小さいし、チャンスがあるなら、それをしっかり生かす必要がある」

「相手の2人のFWは良い選手であるし、特にカウンターの攻めが秀でていると言えるよ。また、中盤には頭の良いMFがいる。ボールを失った時はスペースを与えるべきではないね。全ての彼らの試合に目を通したが、リヴァプールは彼らに守備を強いていたし、恐らく明日の試合はその試合に似たものになるだろう」







【ローテーションについて】

「ローテーションの欠点は批判の存在だが、終盤を良い状態で迎えられるという利点がある。同じ布陣を繰り返すことは安定感をもたらすが、昨シーズンのこのチームは、複数のコンペティションへの参加による消耗に苦しんでいたんだ。

「私はローテーションへの批判を受け入れるし、ローテーションによって消耗していない状態で終盤を迎えられると確信している。もし同じ10人のフィールドプレーヤーを繰り返し使い続けても、選手層を生かしていないという批判がやって来るだろう」


【前のリーグ戦について】

「後半は前半より良いプレーができることを望んでいたし、前半はゴールを奪うことができたと私は考えている」


【ビーゴでの山火事について】

「ニュースに驚いたし、言葉が見つからない。全てのビーゴの友人や人々に抱擁を送りたい。また、悪い時がすぐに過ぎ去ってくれることを願っているよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ