スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロペテギ監督「試合というのはメロンのようなものだ」(コスタリカ戦試合後会見コメントまとめ)

【イスコ・アラルコンについて】

「彼はジローナで負った打撲と同じ箇所を強く打ったんだ。しかし、重傷ではないし、明日彼と何を話すかを決めることになるだろう」

「彼はトップレベルの地位にいる。彼は最大級のパフォーマンスを要求される中でレベルを維持したプレーを見せ、その過程でクオリティのベースを築いて来た。ただ彼の価値はクオリティだけではない。高いクオリティに加え、強い精神を持っている。それが彼の地位を作ってきたんだ」

「最高のイスコというのはまだ先にあると言える。そのことを私は疑っていないよ。野心と姿勢とメンタリティがあれば、絶対に最高のイスコに到達できるはずだ」


【コスタリカ戦の試合内容について】

「我々は試合内容とチームの姿勢に満足している。毎試合が世界レベルの試合であるし、もしW杯の舞台でコスタリカと当たるなら、間違いなく内容は変わるだろう。試合というのはメロンのようなものであり、開けてみるまでは、それがどんなものなのかわからないものなんだ」

「このチームは1つのチームとして、コンパクトかつソリッドな戦いをした。更に、良いサッカーを展開でき、魅力的な結果を挙げることができた。私は内容に満足している。特に選手たちの姿勢とチームのフィーリングにね。そうしたものが我々をより良いチームにしてくれるんだ」

「常に向上の余地はある。ただ、我々は良いリズムでサッカーを展開し、ボールを失った後も素晴らしいプレッシャーをかけられていた」

「私はチームを心配していない。人々が期待しているのは良いことだが、我々が自惚れる理由は1つもない。今の我々はロシアから離れた場所で勇敢に戦う必要があり、良いプレーができるようにトライしなければならないんだ」







【センターフォワード陣のパフォーマンスについて】

「決定機を生み出すのに重要なのは良いプレーをすることであるし、FWたちのことは心配していない。それにFWたちはゴールを決めているんだ」


【試合会場の雰囲気について】

「雰囲気は素晴らしいものだった。人々の愛情を感じたよ」


【ダビド・シルバについて】

「彼のボールの奪い方が印象に残っている。能力の高さがあって、彼はあのようなプレーができるんだ」


【ケパ・アリサバラガについて】

「デビューの彼にとっては良い日だったと言えるね。良いセーブも見せていた」


【W杯本番のメンバーについて】

「何事も無ければロシアに立てる選手も、何人かはいる。しかしながら、まだ多くの…」












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ