FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL】バルベルデ監督「今回の対戦は、私にとってのビッグチャレンジなんだ」(チェルシーvsバルセロナ前日会見コメントまとめ)

【チェルシーとの対戦に向けて】

「彼らはとてもハッキリしたスタイルを持ったチームであるし、そのことをよく考える必要がある。彼らも我々のスタイルに目を向けることになるだろう」

「今までの対戦結果は、芝生の上で起こることとは全く関係がない。試合の主人公たちは、時間と共に変わっていくんだ。ただ、ライバル関係があることは良いことだと言えるし、我々を活性化してくれる」


【ここまでのCLでの成績について】

「アウェイでゴールと勝利を手にすることが難しいことを示しているデータだ。今回の相手はフィジカルに優れているし、とても良いカウンターアタックのあるチームだが、我々はゴールが少なくなっている流れを変えたいと思っている」


【パウリーニョの起用について】

「それぞれの選手は我々が知っている全ての力を出すことができる。パウリーニョがプレーするかどうかはわからないと言えるよ」


【プレミアリーグについて】

「欧州の舞台で、プレミアのチームたちは素晴らしい時期を過ごしている。シティやリヴァプールは、興味深いパフォーマンスを見せているね。ただ、我々が考えるべきことは、プレミアの王者とぶつかるということだ。我々は、彼らがグループの2位になるとは思ってもいなかったんだ」







【パウリーニョとA・ゴメスの比較について】

「アンドレは内側でも外側でもどこでもプレーできる選手だ。一方、パウリーニョはパワフルな形でペナルティエリアに侵入することができる。2人はどちらもハードワークができる選手なんだ」


【ジェリー・ミナについて】

「彼はチームに上手く入り込んだと言えるよ。周囲に求められていることや、所属している選手のレベルから、それは難しいことなんだ」


【ウスマン・デンベレについて】

「彼はプレーする準備ができている」


【相手のコンテ監督について】

「彼は世界最高の指揮官の1人であり、それをプレミアリーグの舞台やユヴェントス、イタリア代表で示して来ていた。今回の試合は、私にとってのビッグチャレンジなんだ」


【エイバル戦について】

「彼らは試合中ずっとプレッシャーをかけて来ていたし、良いテストになったとも言えるだろうが、今回の試合は全く異なるものになるだろう。我々は全ての要素に注意を払うべきだ。我々は、直前の試合に勝利できたことを嬉しく思っている反面で、この試合に向けた準備ができていると言えるよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ