スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL】モンテッラ監督「アレクシスを止めるためには、南京錠で彼を拘束するのが一番かもしれない」(セビージャvsマンチェスター・ユナイテッド前日会見コメントまとめ)

【マンチェスターUとの対戦に向けて】

「私は意欲十分だ。メンタル、フィジカル共に良い状態にあることが重要だと言えるね」

「我々は攻撃と守備のそれぞれのタイミングをしっかり認識する必要がある。ユナイテッドは攻撃も守備も秀でたチームなんだ」

「国王杯でのアトレティコ戦より良いプレーを見せる必要がある。あの時の我々には、良くない時間帯もあったのだからね。現在の我々はより経験があるし、より団結している。我々には共通の精神を持ってのプレーが必要なんだ」


【CLへの挑戦について】

「セビージャからの連絡を受けた時、CLに挑戦できることが1つのモチベーションとなっていた。私はセビージャの指揮を取れていること、そしてこのチャンスに臨むことができることを嬉しく思っている」


【相手指揮官(モウリーニョ)について】

「彼は私が監督としての歩みを始めた時に参考にした指揮官だ。彼がこのレベルでどれだけの試合の指揮を取ったのかはわからないが、彼が経験豊富な指揮官なのは間違いない。ただ、経験不足な中で無我夢中に臨むことも、時には重要なんだ。こうした試合の準備ができることは、私に充足感を与える。その充足感は、モウリーニョを打ち負かす準備だからというわけではなく、素晴らしい1日の準備であるからなんだ」


【アレクシス・サンチェスについて】

「私はイタリア時代の彼のことを覚えている。彼はとても成長したね。今の彼は強さとスピードを兼ね備えている選手だ。彼を止めるためには、南京錠で彼を拘束するのが一番かもしれないね」







【トーナメントとの相性について】

「私はトーナメントのスペシャリストではないし、多くを学ぶ必要がある。しかし、セビージャでCLのラウンド16を戦うということは、良い結果を挙げることもできるということを意味するんだ」


【ポール・ポグバについて】

「イタリアにいた時は彼のことを追っていた。モウリーニョとの間に何が起きているかは知らないが、私としては、彼がプレーしないことを望むよ。彼はテクニックもパワーもある選手で、ゴールも決められるのだからね」


【セビージャのイムノについて】

「言語とセビージャの精神を学ぶために何度も聴いているよ。試合の前は口ずさむことになると思う」


【ホアキン・コレアについて】

「彼の状態は良い。月曜は大事をとって練習を途中で切り上げたが、火曜は問題なく練習に参加できていた。バネガも同様だ。2人はプレーできる状態にある」


【ムリエルについて】

「彼は大きな成長を遂げている。献身性が高まったし、フィジカルとテクニックのクオリティも申し分無い。ただ、彼には伸びしろがまだあるし、より成長してほしい。例えば、サラビアには、ボールの有り無しに関係ない素晴らしい献身性があるんだ」










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ