FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【プリメーラ】ジダン監督「私は100%の状態のベイルが見たいし、彼には再び離脱して欲しくない」(レアル・マドリードvsアラベス前日会見コメントまとめ)

【レガネス戦でのセバージョスのプレー時間について】

「非常に申し訳なく思っていて、彼にもその気持ちを伝えた。30秒だけプレーさせるというのは好きなことではないんだ。彼はプレー時間が少ないことを認識しながら、努力を続けてくれている。そのことは素晴らしいことであるし、前のアラベス戦でのパフォーマンスも良く覚えている。私は彼の姿勢に満足しているし、これからも戦い続けて行く必要があると言えるよ」


【アラベスとの対戦に向けて】

「彼らは最近4勝を挙げているし、良いチーム相手から勝ち点をもぎ取っている。我々は彼らが良いチームであることをわかっているし、決して諦めないチームであることを知っている。しかし、我々は準備万端であるし、素晴らしい試合ができるようにトライして行く」


【A・ビルバオvsS・モスクワでのサポーター衝突について】

「起きたことを残念に思う。亡くなった警官の家族のことを考えることが大事であり、それ以外のことについては、何かを言うつもりはない」

「私は暴力が好きではないし、どこであろうと、暴力は悪なんだ。こうしたことが起きるのは、理解できないし、これ以上スタジアムの近くで起きないことを願うよ」







【チームの現状について】

「現状の全てを好ましく思う。ここ6節で26ゴールというのは、とても素晴らしいことだ。我々はこの好調を維持したいと思っている。我々は良い試合をすることを望んでおり、そうであり続けるなら、我々の勝利の可能性は高まるはずだ」

「失点はよくあることだし、これからも失点することはあると私は思う。ただ、それもサッカーの一部だ。相手より1、2ゴール多く奪うことができれば、私は満足できる」


【不調時からの学びについて】

「人生には悪い時もある。重要なのは全力を尽くすことなんだ。これは監督に限った話ではなく、人間全体に言えることだ。私は情熱を持って、それにトライしている」

「常に学びというものはあるんだ。私は聞く耳を持っているから、学ぶことができている。そうでない人もたくさんいるがね。私は周りの人の言うことに耳を傾けている。彼らにはインテリジェンスがあるし、そこから私は学びを得ているんだ」







【PSG戦の第2戦について】

「そのことは全く考えていない。私が目を向けているのは、明日の試合のことだけだ。良い試合をすることと、勝ち点3を挙げること、ただそれだけに集中している」

「PSGvsマルセイユには目を通すだろう。こうしたタイプの試合が私は好きなんだ。どのような始まり方をするのかが楽しみだね。ただ、それ以上のことは言わないよ」


ガレス・ベイルについて】

「彼はこのチームの重要な選手の1人であるし、これからもそうであり続けるだろう。ただ、私が目を向けているのは、あくまでチームであり、1人や2人の選手ではない。出場機会がほぼない中で毎日の練習を続けている選手たちもいるが、私にとっては、彼らの存在も重要なんだ。私が大事にしているのは、チームというグループなのだからね」

「私にとって重要なのは、彼がしっかり練習できているかどうかだ。そして、私は100%の状態の彼が見たいし、彼には再び離脱して欲しくない。1人1人の状態に目を向けながら進んで行く必要があるんだ。君たちは様々な疑問をぶつけて来るが、背景には様々な物事があると言える」





レアルマドリード:FIFA CWC 2017 優勝 - 300x250


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ