FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ルイス・エンリケ監督「我々にとっての最高の夜とはならなかった」(イングランド戦試合後会見コメントまとめ)

【試合内容について】

「我々にとっての最高の夜とはならなかった。これは間違いないことだ。素晴らしいファンに勝利をプレゼントできなかったことを、残念に思っている」

「ここまで苦しむことはないと思っていた。序盤から我々はプレッシャーを受け、たくさんのカウンターを食らい、正確さに欠け、ミスを犯した。ゴールは彼らにとっての薬となり、我々にとっての毒となったんだ」

「ポジティブな要素と言えば、それは後半の内容だと言える。我々は大きな改善を見せることができたんだ。ただ、悪い夜には変わらなかったし、運の要素も足りなかった」

「我々には勝つべき試合が1試合残っている。最良のニュースは、勝ち上がりはまだ自分たち次第の状況にあるということだ。私はエキスパートであるし、あらゆるパーティーに向けた準備はできていると言えるよ」







【イングランド代表について】

「彼らはよく守っていたし、ラッシュフォードやスターリングといった、ワールドクラスの選手による完璧なカウンターアタックを展開していた。3度のトランジションが全てゴールに繋がったのは、我々にとっての厳しい罰だったと言えるね」


【ハーフタイム中の指示について】

「それぞれの監督にはそれぞれのメソッドがある。時には机を蹴る必要もあるし、時にはそうでない場合もあるだろう。今日のハーフタイムでの私は普段通りだったが、後半の内容は良くなった。それは選手たちの功績だと言える。机を蹴る必要はなく、チームは姿勢を示したんだ。もちろん、細かい部分の修正の必要は認識していたが、それはどんな試合でも同じだと言える」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ