FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL】バルベルデ監督「厳しい試合が我々を待ち構えている」(マンチェスター・ユナイテッド戦前日会見コメントまとめ)


【マンチェスターUとの対戦に向けて】

「彼らがどんなプランを実行してくるかは知らないが、今シーズンの彼らがどんなパフォーマンスを見せているかということは試合に向けた参考になる。今シーズンのCLでの彼らの勝利の4分の3がアウェイゲームでのものなんだ。我々は警戒しなければならない」

「兎にも角にも、各々のチームは普段やっていることに忠実なプレーを見せるだろう。我々は自分たちのプレーを見せる必要があるし、それぞれのチームは自分たちの試合になるように試みて行くはずだ」

「相手は他のピッチで見せたものと同様のことをやろうとしてくると私は見ている。人は時に相手が何をできるかに目を向け始め、自分を見失うことがある。自分のことに集中しようとすることが大事なんだ」


【第1戦の結果の影響について】

「試合に向けたプランニングが難しくなるということは全くない。第1戦の結果は決定的なものではないんだ。我々は勝手な勘定をせず、我々のプレーを披露しなければならない。当然、無失点で終えられるようにトライするが、我々のプレースタイルを意識しながらそれを目指すことになるだろう。我々の基本的な考えは試合に勝利することなのだからね」





【ウスマン・デンベレについて】

「スタメンの可能性もあるし、そうでない可能性もある。彼は前の試合で60分間プレーしたが、もう少し短くする予定だった。彼は試合の中で調子を上げて行ったんだ」

「試合の序盤は重要な要素となるだろうが、それは試合の終盤も同じだ。終盤のユナイテッドは特別な強さを持っているし、実際に彼らはその形でここでCL制覇を成し遂げている」

「90分間プレーできるかどうかはわからない。ただ、試合に出場できる状態なのは間違いない」


【今回の日程について】

「相手指揮官の苦言も理解できる。水曜に第1戦を戦い、その次の火曜に第2戦を戦うというのは、普通ではないのだからね。当然な苦言だと言えるよ」







【ホームのファンについて】

「彼らがここで我々を後押ししてくれることはわかっている。我々は我々のプレーとファンの同化を試みて行くよ。明日はクラブにとっての重要な日だと言えるし、ここには準決勝進出への強い願いが存在しているんだ」


【リオネル・メッシについて】

「彼は良い状態にある。2日前の時点で既にそうだったのだがね。完璧な状態であり、明日に向けて問題はないと言えるよ」

「CLの準々決勝でのゴールが最近ないとのことだが、現在はその分よりゴールに近いと言える。統計は分析に有用であり、過去のことを語る存在だが、未来については語っていないんだ」


【準々決勝の壁について】

「恐怖ではなく大きなモチベーションとなっている。我々はここにいて、相手が強力なチームであることを認識しつつ、突破を試みて行く準備ができているんだ」


【昨シーズンのローマ戦の教訓について】

「我々は厳しい試合が我々を待ち構えていることをわかっている」










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ