FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロベルト・モレーノ監督「S・ラモスが打ち立てた記録は素晴らしい」(ノルウェー戦試合後会見コメントまとめ)

【試合内容について】

「悪い感触が残っている。アディショナルタイムに追い付かれるのは良くないことなのだからね。我々はボールを持って試合をコントロールすることを試みていたし、終盤は試合を終わらせにかからなければならなかった。後半の我々はプレッシャーを強め、2点目へのチャンスも作れていた。しかし、最終的にコントロールを失ったんだ」

「アルビオルは我々にフィジカルをもたらし、良い試合をしていた。我々は試合をコントロールしていたが、不運なプレーで同点にされてしまったんだ」

「我々はスウェーデンでの勝利を狙って行く。そして、最終的な勝ち点28到達を目指して行くよ。30は不可能なのだからね。ノルウェーはとても強く、予選突破への希望を持ってプレーしてきた。失うものが何もないチームとの試合は、クレイジーなものになりがちだ。今回の試合ではそれが起きたと言えるよ」

「考えていた通りの試合とはならなかったが、失点に繋がった場面以上の危険なシーンを作られた感覚はない。終盤に起きたことから悪い感触は残っているがね。スウェーデン戦では引き分け以上で本戦出場が決まるし、次戦で決まることを試みて行くよ」





【招集選手について】

「我々のところには様々なチームから様々な選手が集まっている。同じ1つのチームで毎週プレーしている7人がいれば良いかもしれないが、実際はそうではないんだ。これはたくさんの良いチームにたくさんの良い選手がいるということを意味すると言えるね」


【記録達成のS・ラモスについて】

「彼が打ち立てた記録は素晴らしい。彼はまだまだ戦う意欲十分で、タイトルを勝ち取って行きたいと思っているんだ。もっと長い間我々に喜びを与えてくれることを願っているよ」









関連記事
スポンサーサイト