FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロベルト・モレーノ監督「ルイス・エンリケやその家族に予選突破という結果を捧げたい」(スウェーデン戦試合後会見コメントまとめ)

【試合内容と予選突破について】

「我々は良い試合をした。負けたとしても、良い感触は残っていただろう。我々のプレースタイルを発揮できたのだからね。我々は本戦出場を決めたわけであり、次はトップシード入りを目指さなければならない」

「同じ結果であっても、勝利のような味がする時もあり、敗北のような味がする時もある。これがサッカーの素晴らしさだ。スペインはレベルの高い代表チームであり、予選突破は義務のようなものだが、それを成し遂げることには大きな意味があると言える」

「私を信頼してくれたルビアレス会長とモリーナSD(共にスペインサッカー連盟)、そしてルイス・エンリケやその家族にこの結果を捧げたい」

「予選突破の確定は、ある一定の緊張や迷いから解き放たれることを意味するし、より快適に仕事をする時間を与えてくれる。しかし、緊張感を完全に失うことはできない。我々の目標はトップシードの1チームとなることなのだからね。簡単なことではないが、我々はその結果を勝ち取りに行く。また、世界中の誰もが我々のEURO本戦出場を当然のことのように捉えているが、本戦出場を決めることも簡単ではないんだ」





【ダビド・デ・ヘアについて】

「彼らしい素晴らしいシュートストップを披露し、プレーするためにここにいることを示してくれていた。(負傷交代したが)ハーフタイムでは、彼はプレーを続行したいと我々に言っていたんだ」

「デ・ヘア以外のGKもとても良くやってるし、3人のハイレベルなGKがチームにいることは我々の誇りだと言えるよ」


【招集メンバーについて】

「チームは生き物であり、これで完成したと宣言することはできない。サッカーは難しいものであり、選手たちはシーズンを通して進化していくものなんだ。まだ、本大会までは数か月もあり、その間には4つの代表戦やクラブのコンペティションがある」










関連記事
スポンサーサイト