FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロベルト・モレーノ監督「我々には2勝が必要だ」(11月シリーズ招集メンバー発表会見コメントまとめ)

【アルバロ・モラタについて】

「彼はたくさんのゴールを決めていて、安定感がある。現在の彼は調子が良いし、我々を助けてくれるはずだ」


【S・ラモスとルビアレスRFEF会長の食事会について】

「私は招待されていないし、彼らは私に何かを説明する必要もない。重要なことだとは思わないよ。私自身は両者とのコミュニケーションチャンネルを築けていると考えている」


【ジェラール・ピケについて】

「彼は代表引退を明言した選手であり、我々は彼の復帰について再考していないんだ」


【ダニエル・パレホについて】

「彼のような招集外の選手について語るのは、リスペクトが欠如していると言えるかもしれない。私が興味を持っていることは、できるだけ多くのスペイン人選手が出場機会を得ることなんだ」


【イスコ・アラルコンについて】

「彼も確かにリストに入っていない。私が望んでいることは、スペインの素晴らしい選手たちがそれぞれのチームで出場機会を得ることなんだ」


【批判について】

「批判はコントロール不可能なものだ。2度の引き分けの後に、私は余計なことを言ったのかもしれないね。道で会う人々は愛を持って接してくれるし、代表チームへの期待を私に伝えてくれる。良いプレーと良い結果でその期待を作らなければならないのは、我々なんだ」


【アンス・ファティについて】

「彼はプレリストに入っていた。彼はスペイン人であり、スペイン代表に招集可能な選手だ。EURO本大会のメンバーに入ることができない理由はないよ」







【招集リストについて】

「選手たちが集まる度に、我々はより多くの情報を得ることができる。誰かの代わりとなる選手がいる可能性もあるし、まだまだ時間はあるんだ」


【ガブリエウ・パウリスタについて】

「彼はスペインのパスポートの取得に動いているが、今のところは招集不可能だ。話はパスポートを取得できてからになる」


【ダニ・オルモについて】

「彼はU-21欧州選手権で良いパフォーマンスを見せたし、クラブチームの方ではCLで活躍を披露していると言えるね。彼にチャンスを与えられることを嬉しく思うよ」


【EURO予選について】

「目標はグループの首位でトップシードに入ることだ。そして、そのためには2勝が必要だ。もし首位通過できれば、事実上でより容易い相手と対戦できるのだからね」


【バルセロナの現状について】

「君たちは私がカタルーニャ人であることを知っているはずだ。そして、私はスペイン代表がバルセロナでプレーできることを望んでいる」


【試合開催地のカディスについて】

「カディスでの素晴らしい歓迎を期待しているし、(開催スタジアムの)カランサが満員になる見込みであることを嬉しく思っている。カディスファンの反応にとても感謝しているよ」


【カディス出身の選手について】

「カディスのファンがスソやルイス・アルベルトのような地元の選手がいてほしいと思うのは理解できるが、我々は選手の出身地を基に招集リストを作ることはできないんだ」







関連記事
スポンサーサイト