FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロベルト・モレーノ監督「このチームの野心には特に満足している」(マルタ戦試合後会見コメントまとめ)

【チームの現状について】

「我々に課された義務は、トップシードに入ることだ。だからこそ、ルーマニア戦では勝利が必要だと言える。今日カディスで見せたようなパフォーマンスが維持できることを願っているよ」

「疑念を抱えたままの状態よりは、勝利を積み重ねて良い感覚でEURO本大会を迎えるほうが良いし、ここには求められたことを遂行できる良い選手が揃っているんだ」

「このチームの野心には特に満足している。ゴールが生まれるたびに全員で次のゴールを狙っているんだ。選手たちはスペースをうまく活用し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。サッカーというのは拮抗したスポーツであり、今日のようなパフォーマンスを見せることは簡単なことではない」

「ここにいるのはとても良い選手たちであり、今日の彼らは良い結果を挙げた。ゴールを決め、プレッシャーをかけ、緊張感をキープし続けたんだ。7点取ったが、10点取っている可能性もあったし、このチームの野心はとてもポジティブなものだと言える」





【ベテラン選手たちについて】

「セルヒオ・ラモスやアルビオル、カソルラ、ブスケツのような選手がいることの意義は計り知れない。彼らがいることは一種のアドバンテージだと言えるね。彼らは若手を助け、そのプレーのクオリティで我々を喜ばせてくれている。彼らの豊富な経験は、チームメートだけではなく、彼らの周りの人々全員に影響を与えてくれるんだ」


【デビュー選手たちについて】

「パウ・トーレスとダニ・オルモは歴史的なことをやってくれた。新鮮な空気と競争をもたらしてくれる若手選手の登場は嬉しいことだね。彼らはチャンスに反応し、プレーを楽しみ、その上でゴールも決めてくれたんだ。今日は彼らにとって忘れられないデビューになっただろう」


【代表監督という職について】

「私自身がもともと代表監督の候補に上がるような人物でなかったことは、承知している。それでも、私は家族と選手のサポートを得てここまで来ている。結果を挙げた時にできることは、そうした人々に感謝することなんだ」










関連記事
スポンサーサイト