FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合速報】オーストラリア代表vsスペイン代表(ブラジルW杯グループB)
ブラジルワールドカップ:グループB

オーストラリア代表vsスペイン代表

(ゲームスコア:0‐3)





・両チームスタメン(括弧内は背番号)
(オーストラリア代表)
GK:ライアン(1)
DF:デヴィッドソン(3)、スピラノヴィッチ(6)、マクゴーワン(19)、ウィルキンソン(22)
MF:レッキー(7)、オアー(11)、ボザニッチ(13)、ジェディナク(15)、マッケイ(17)
FW:タッガート(9)

(スペイン代表)
GK:レイナ(23)
DF:アルビオル(2)、フアンフラン(5)、S・ラモス(15)、アルバ(18)
MF:イニエスタ(6)、X・アロンソ(14)、コケ(17)
FW:ビジャ(7)、F・トーレス(9)、カソルラ(20)


・両チーム初期フォーメーション
20140624formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)
2014624sub1.png


・得点
36分:ビジャ(スペイン代表)
69分:F・トーレス(スペイン代表)
82分:マタ(スペイン代表)




・試合レポート:「スペイン代表のブラジルW杯は勝利で幕を閉じる」
 スペイン代表にとって今大会最後の試合となってしまったオーストラリア戦。チリ戦のスタメンから7人を変えて試合に臨んだビセンテ・デル・ボスケのチームは、オーストラリア代表の前からのプレッシャーに苦戦し、主導権を握ることができない立ち上がりとなる。

 しかし時間が経つに連れ、アタッキングサードに侵入する場面が徐々に増加。ダビド・ビジャのヒールパスに抜け出したジョルディ・アルバのシュート(23分)や、ビジャの左奥からの折り返しが惜しくもフェルナンド・トーレスに合わなかったシーン(34分)など、今大会初出場となったビジャの働きを中心に、決定的なシーンを作り始める。

 0‐0で進行する中、試合がようやく動いたのは36分のことだった。フアンフラン・トーレスがアンドレス・イニエスタの1本のパスで右サイドの裏を取ると、右足で中央に折り返し。このボールを、フリーでニアに入って来たダビド・ビジャが右足ヒールで流し込み、スペイン代表が先制に成功する。


【F・トーレス、マタのゴールで加点】
 1点リードで前半を折り返したスペイン代表は、69分に追加点を奪取。先制点の時も起点となったイニエスタの1本のスルーパスによって、F・トーレスが最終ラインの裏を取ると、右足でゴールに流し込んで点差を2点とする。

 更に82分には、セスク・ファブレガスの浮き球パスに抜け出したフアン・マタが、GKの股を抜くゴールを決めて点差を拡大。そのままフルタイムを迎え、スペイン代表は“0‐3での勝利”という結果を最後に残して、大会を去ることになった。










関連記事
スポンサーサイト



テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ