FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合レビュー】スペイン代表vsマケドニア代表(EURO2016予選)
EURO2016予選 (会場:シウタ・デ・バレンシア)
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
スペイン代表5 - 1マケドニア代表
【GOAL】
1 - 0 (15分)

スペイン代表 : S・ラモス (PK)
2 - 0 (19分)

スペイン代表 : アルカセル
2 - 1 (28分)

マケドニア代表 : イブライミ (PK)
3 - 1 (45+3分)

スペイン代表 : ブスケツ
4 - 1 (50分)

スペイン代表 : シルバ
5 - 1 (90+1分)

スペイン代表 : ペドロ






・両チームスタメン(括弧内は背番号)
(スペイン代表)
GK:カシージャス(1)
DF:アルビオル(2)、フアンフラン(5)、S・ラモス(15)、J・アルバ(18)
MF:コケ(8)、セスク(10)、ブスケツ(16)、シルバ(21)
FW:アルカセル(9)、ペドロ(11)

(マケドニア代表)
GK:パチョフスキ(1)
DF:ツツリ(4)、モイソフ(5)、シコフ(6)、リストフスキ(13)、アリオスキ(15)
MF:トライコフスキ(7)、イブライミ(10)、アブドゥラヒミ(19)、スピロフスキ(20)
FW:ヤホヴィッチ(9)


・両チーム初期フォーメーション
20140909formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)
20140909sub1.png






・試合レポート:「“ラ・ロハ”、バレンシアで大勝スタート」
 バレンシアの地で大会3連覇に向けた歩みを始めたスペイン代表。開始5分にアギム・イブライミのFKが冷や汗を誘ったシーンがあったものの、15分にダビド・シルバが獲得したPKをセルヒオ・ラモスがパネンカキックで決めて、先制に成功する。そして、その2分後には、フアンフラン・トーレスの折り返しをパコ・アルカセルが右足で蹴り込んで、代表初ゴールを記録。順調に2点のリードを奪う。

 しかし、28分にフアンフランが与えたPKをイブライミに決められ、1点差に追い上げられると、スペイン代表は“攻めながらも得点が奪えない状況”に陥る。エリア内への侵入は繰り返すものの、相手GKの好セーブもあって、1点差のまま試合は前半アディショナルタイムに突入する。

 このまま前半終了かと思われた45+3分、ここで再び試合が動いた。エリア手前でボールを受けたセルヒオ・ブスケツが、思い切って右足を振り抜くと、このシュートがDFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。


【後半序盤の追加点、新星のA代表デビュー】
 “背番号16”の代表初ゴールによって、前半のうちに2点差に戻すことに成功した“ラ・ロハ”は、後半序盤の50分にも1点を加点。左深くからの折り返しを受けたシルバが左足でシュートを決め、スコアを4‐1とする。シルバにとっては、昨年6月以来1年3か月ぶりの代表でのゴールとなった。

 その後は、サプライズ追加招集を受けた新星FW、ムニル・エル・ハダディが78分に投入され、早速A代表デビュー。直後のGKイケル・カシージャスのビッグセーブもあって、3点リードのまま迎えた後半アディショナルタイムには、ペドロ・ロドリゲスがループシュートを決め、試合は5‐1でフルタイムを迎えた。

 文字通り“幸先の良い”スタートを切った前回王者。彼らの次の戦いは、約1か月後(現地時間10月9日)に行われる予選最初の鬼門、アウェーでのスロバキア戦となっている。

 







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ